裏紙に書く程度の内容

WordPress プラグイン Validatedを使う

wordpressのプラギン、Validatedの使い方メモです。

W3Cチェックがワンクリックでできるようになります。

インストール

プラグイン > 新規追加 からインストールし、有効化するだけです。

addplugin

使い方

設定画面はありません。

投稿一覧、固定ページ一覧に”Check Validation”ボタンが追加されます。
これをクリックするとそのページのW3C Validation が行われ、結果がボタン左側に表示されます。

click

※指定のページ部分のみではなく、実際に表示されるページに対してのチェックが行われます。
※公開済みのページじゃないとチェックできません。

エラーがある場合、エラー数のリンクをクリックするとW3CのMarkup Validation Serviceのページに飛んで、詳細が表示されます。

全て問題ない場合、Validと表示されます。

valid

簡単にチェックできるのでベンリ。

Index