裏紙に書く程度の内容

gitのコマンドメモ

自分用のメモです・・・

リモートリポジトリの作成

サーバ側でベアリポジトリを作成する。

$ mkdir (リポジトリ名)
$ cd (リポジトリ名)
$ git --bare init --shared

クライアント側初期化

クライアント側でノンベアリポジトリを作成、リモートの設定をする(ssh接続)

$ git init
$ git add (アップするものすべて)
$ git remote add (リモートリポジトリ名) ssh://(ユーザ名)@(サーバアドレス):(ポート)(リポジトリパス)

クライアント側からプッシュ

$ git push (リモートリポジトリ名) master

リモートからデプロイ

$ cd (リポジトリパス)
$ git archive master | sudo tar -x -C (デプロイ先パス)

デプロイ自動化

プッシュしたら自動でデプロイするには、リモートの

(リポジトリ)/hooks/post-update

に上記コマンドを実行するシェルを作ればプッシュ時に自動実行される。

zipアーカイブ作成

$ git archive --format=zip HEAD -o xxxx.zip

以下だと、解凍時にディレクトリ名がdir/になる。

$ git archive --format=zip --prefix=dir/ HEAD -o xxxx.zip

リモートのURLを確認

$ git remote -v
Index