裏紙に書く程度の内容

Apache(2.2)ディレクティブ一覧

Apache ver.2.2のディレクティブ一覧。

  • conf:サーバ設定ファイル(httpd.conf)で使用可能
  • VH:サーバ設定ファイルの内で使用可能
  • Dir:サーバ設定ファイルの,,,内で使用可能
  • .htaccess:.htaccessで使用可能

説明・構文の太字はデフォルト値。















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































ディレクティブ説明・構文confVHdir.htaccess
AcceptFilterプロトコルを Listen しているソケットの最適化を設定するAcceptFilter _protocol acceptfilter
AcceptPathInfo後に続くパス名情報を受け付けるリソースの指定AcceptPathInfo On|Off|Default
AccessFileName分散設定ファイルの名前AccessFileName _filename [filename] …_AccessFileName .htaccess
AddDefaultCharsetレスポンスのコンテントタイプが text/plain あるいは text/html の場合に追加するデフォルトの charset パラメータAddDefaultCharset On|Off|charset
AddOutputFilterByTypeMIME-type に出力フィルタを割り当てるAddOutputFilterByType filter[;filter…] MIME-type [MIME-type] …
AllowEncodedSlashesURL 中の符号化されたパス分離文字が先に伝えられるのを許可するかどうかを 決定するAllowEncodedSlashes On|Off
AllowOverride.htaccess で許可されるディレクティブの種類AllowOverride All|None|directive-type [directive-type] …
AuthNameHTTP 認証の認可領域 (訳注: realm)AuthName auth-domain
AuthTypeユーザ認証の種類AuthType Basic|Digest
CGIMapExtensionCGI スクリプトのインタープリタの位置を調べるための手法CGIMapExtension cgi-path .extension
ContentDigestContent-MD5 HTTP 応答ヘッダの生成を有効にするContentDigest On|Off
DefaultTypeサーバがコンテントタイプを決定できないときに 送られる MIME コンテントタイプDefaultType MIME-type|none DefaultType text/plain
指定のファイルシステムのディレクトリとサブディレクトリとのみに 適用されるディレクティブを囲む
正規表現にマッチするファイルシステムのディレクトリと サブディレクトリとのみに適用されるディレクティブを囲む
DocumentRootウェブから見えるメインのドキュメントツリーになる ディレクトリDocumentRoot directory-path DocumentRoot /usr/local/apache/htdocs
EnableMMAP配送中にファイルを読み込むためにメモリマッピングを 使うかどうかEnableMMAP On|Off
EnableSendfileファイルのクライアントへの配送時にカーネルの sendfile サポートを 使うかどうかEnableSendfile On|Off
ErrorDocumentエラーが発生したときにサーバがクライアントに送るものErrorDocument error-code document
ErrorLogサーバがエラーをログ収集する場所ErrorLog file-path|syslog[:facility] ErrorLog logs/error_log (Unix) ErrorLog logs/error.log (Windows and OS/2)
FileETagETag HTTP 応答ヘッダを作成するために使用される ファイルの属性FileETag component … FileETag INode MTime Size
マッチするファイル名に適用されるディレクティブを囲む
正規表現にマッチするファイル名に適用される ディレクティブを囲む
ForceTypeすべてのマッチするファイルが指定の MIME コンテントタイプで 送られるようにするForceType MIME-type|None
GprofDirDirectory to write gmon.out profiling data to.GprofDir /tmp/gprof/|/tmp/gprof/%
HostnameLookupsクライアントの IP アドレスの DNS ルックアップを 有効にするHostnameLookups On|Off|Double
起動時にテストが真であるときのみに処理されるディレクティブを 囲む
モジュールの存在するかしないかに応じて処理される ディレクティブを囲む
Includeサーバ設定ファイル中から他の設定ファイルを取り込むInclude file-path|directory-path
KeepAliveHTTP の持続的な接続を有効にするKeepAlive On|Off
KeepAliveTimeout持続的な接続で次のリクエストが来るまでサーバが待つ時間KeepAliveTimeout seconds KeepAliveTimeout 5
囲いの中にあるアクセス制御の適用を特定の HTTP メソッドのみに 制限する
指定されたもの以外の HTTP メソッドにアクセス制御を 制限する
LimitInternalRecursion内部リダイレクトと入れ子になったサブリクエストの最大数を決定するLimitInternalRecursion number [number] LimitInternalRecursion 10
LimitRequestBodyクライアントから送られる HTTP リクエストのボディの 総量を制限するLimitRequestBody bytes LimitRequestBody 0
LimitRequestFieldsクライアントからの HTTP リクエストのヘッダフィールドの数を 制限するLimitRequestFields number LimitRequestFields 100
LimitRequestFieldSizeクライアントからの HTTP リクエストのヘッダの サイズを制限するLimitRequestFieldSize bytes LimitRequestFieldSize 8190
LimitRequestLineクライアントからの HTTP リクエスト行のサイズを制限するLimitRequestLine bytes LimitRequestLine 8190
LimitXMLRequestBodyXML 形式のリクエストのボディのサイズを制限するLimitXMLRequestBody bytes LimitXMLRequestBody 1000000
囲んだディレクティブをマッチする URL のみに適用
囲んだディレクティブを正規表現にマッチする URL のみに 適用
LogLevelErrorLog の冗長性を制御するLogLevel level LogLevel warn
MaxKeepAliveRequests持続的な接続上で許可されるリクエストの数MaxKeepAliveRequests number MaxKeepAliveRequests 100
MaxRangesNumber of ranges allowed before returning the complete resourceMaxRanges default | unlimited | none | number-of-ranges MaxRanges 200
MergeTrailersDetermins whether trailers are merged into headersMergeTrailers [on|off]
NameVirtualHost名前ベースのバーチャルホストのための IP アドレスを指定NameVirtualHost addr[:port]
Optionsディレクトリに対して使用可能な機能を設定するOptions [+|-]option [[+|-]option] … Options All
ProtocolProtocol for a listening socketProtocol protocol
Requireどの認証済みユーザがリソースをアクセスできるかを選択するRequire entity-name [entity-name] …
RLimitCPUApache の子プロセスから起動されたプロセスの CPU 消費量を 制限するRLimitCPU seconds|max [seconds|max] 未設定。オペレーティングシステムのデフォルトを使用
RLimitMEMApache の子プロセスから起動されたプロセスのメモリ消費量を 制限するRLimitMEM bytes|max [bytes|max] 未設定。オペレーティングシステムのデフォルトを使用
RLimitNPROCApache の子プロセスから起動されたプロセスが起動するプロセスの 数を制限するRLimitNPROC number|max [number|max] 未設定。オペレーティングシステムのデフォルトを使用
Satisfyホストレベルのアクセス制御とユーザ認証との相互作用を指定Satisfy Any|All
ScriptInterpreterSourceCGI スクリプトのインタープリタの位置を調べるための手法ScriptInterpreterSource Registry|Registry-Strict|Script ScriptInterpreterSource Script
ServerAdminサーバがクライアントに送るエラーメッセージに含める電子メールの アドレスServerAdmin email-address|URL
ServerAliasリクエストを名前ベースのバーチャルホストにマッチさせているときに 使用されるホストの別名ServerAlias hostname [hostname] …
ServerNameサーバが自分自身を示すときに使うホスト名とポートServerName [scheme://]fully-qualified-domain-name[:port]
ServerPath非互換のブラウザが名前ベースのバーチャルホストにアクセスしたときの ための互換用 URL パス名ServerPath URL-path
ServerRootインストールされたサーバのベースディレクトリServerRoot directory-path ServerRoot /usr/local/apache
ServerSignatureサーバが生成するドキュメントのフッタを設定ServerSignature On|Off|EMail
ServerTokensServer HTTP 応答ヘッダを設定するServerTokens Major|Minor|Min[imal]|Prod[uctOnly]|OS|Full
SetHandlerマッチするファイルがハンドラで処理されるようにするSetHandler handler-name|None
SetInputFilterクライアントのリクエストや POST の入力を処理するフィルタを設定するSetInputFilter filter[;filter…]
SetOutputFilterサーバの応答を処理するフィルタを設定するSetOutputFilter filter[;filter…]
SuexecEnable or disable the suEXEC featureSuexec On|Off On if suexec binary exists with proper owner and mode, Off otherwise
TimeOut各イベントについて、リクエストを失敗させるまでにサーバが 待つ時間を設定TimeOut seconds TimeOut 300
TraceEnableTRACE メソッドのリクエストに対する応答方法を決めるTraceEnable [on|off|extended]
UseCanonicalNameサーバが自分自身の名前とポートを決定する方法を設定するUseCanonicalName On|Off|Dns
UseCanonicalPhysicalPortサーバの名前とポートの解決方法を設定するUseCanonicalPhysicalPort On|Off
特定のホスト名や IP アドレスのみに適用されるディレクティブを 囲む
Index
広告