裏紙に書く程度の内容

git リモートリポジトリのURLを変更するコマンド

remote add等でリモートリポジトリ追加したんだけど間違えた―!!っていう場合の修正方法。

直接コンフィグファイルいじってもいいんですが、それ用のコマンド有あったのでめも。

set-urlコマンド使う場合

以下のコマンド。

git remote set-url リポジトリ名 URL
# ex.
$ git remote set-url origin ssh://server.com/var/git/example

基本的な使い方は上記でいいですが、オプションもあるのでついでにメモっておきます。

git remote set-url [--push]   []
git remote set-url --add [--push]  
git remote set-url --delete [--push]  

–push オプション

push先のURLのみ変更します。

$ git remote -v
origin  ssh://hoge.com/test.git (fetch)
origin  ssh://hoge.com/test.git (push)

$ git remote set-url --push origin ssh://hoge.com/test2.git
$ git remote -v
origin  ssh://hoge.com/test.git (fetch)
origin  ssh://hoge.com/test2.git (push)

–add オプション

push先を追加します。

$ git remote -v
origin  ssh://hoge.com/test.git (fetch)
origin  ssh://hoge.com/test.git (push)

$ git remote set-url --add origin ssh://hoge.com/test2.git
$ git remote -v
origin  ssh://hoge.com/test.git (fetch)
origin  ssh://hoge.com/test.git (push)
origin  ssh://hoge.com/test2.git (push)

–delete

push先を削除します。--addの逆。

$ git remote -v
origin  ssh://hoge.com/test.git (fetch)
origin  ssh://hoge.com/test.git (push)
origin  ssh://hoge.com/test2.git (push)

$ git remote set-url --delete origin ssh://hoge.com/test2.git
$ git remote -v
origin  ssh://hoge.com/test.git (fetch)
origin  ssh://hoge.com/test.git (push)

push先が複数あると、git push時に設定されているすべてのリモートへプッシュされます。

と、調べてみたけどオプション使うことほとんどないね。

URABLO
広告
Index
広告