裏紙に書く程度の内容

md 2 pdf に機能追加しました

以前作ったmarkdownをpdfに変換するwebツールを機能改善したので使い方の説明。

基本的な使い方は以前書いたのでそちらを参照してください。

MarkdownをPDFに変換するWebツール

サイトはこちら。

md2pdf

以下は追加機能の使い方について

任意の場所で改ページ

サイトに書いてあるとおりなんですが、改ページしたい位置で以下htmlを入力すると、その場所で改ページされます。

入力例

sample1

出力例

pdf-1

CSSを設定する

入力したmarkdownは直接PDFに変換しているわけではなく、一旦HTMLにしてからPDFを作成しています。

そのHTMLにスタイルシートを設定する機能を追加してみました。

CSSタブの入力欄に任意のスタイルシートを設定できます。

入力例

sample-2

ここではh2となる部分が白抜きになるよう設定してみました。

出力例

pdf-2

ちゃんと反映されています。

しかし、見出し2の下に下線も表示されています。

コレはデフォルトで使用しているスタイルシートに、border-bottomが設定されているためです。

CSS入力欄でこのスタイルを無効化する設定を追記してもいいですが、そもそもデフォルトスタイルをすべて無効化する場合は入力欄下部にある、デフォルトstylesheet無効化をチェックしてからMake!ボタンをクリックしてください。

sample3

出力例

pdf-3

今後の機能追加どうしようか考え中

CSSできるようにはしてみたものの、チョロっと簡単に使えるってコンセプトとはずれてるよね。もっと簡単に操作してつかえないものかと検討中です。

あと画像も出せるようにしておきたいよね。実は直リンできる画像ならPDF出力できるようになってるんだけど、手持ちの画像をどっかにアップしてMD書き換えてーってのも面倒なので、このサイト内で完結できるように画策しております。

あと出力するPDFも縦横指定できたほうがいいし、用紙サイズも指定できれば尚可。

さりげなくつけといたPreviewは今回置いてけぼりにしちゃったけどこっちも直さないとね。

ただいろんな機能つけて画面がごちゃごちゃしちゃうのもいかがなものかと。

Index