裏紙に書く程度の内容

chkconfig コマンド

chkconfigコマンドの使い方

オプション

オプション 説明
--list [--type <type>] [name] 設定されているサービスの一覧表示
--add <name> サービスの追加
--del <name> サービスの削除
--override <name> ?
--level <levels> [--type <type>] <name> <on/off/reset/resetpriorities> ランレベルの設定

–list

設定されているサービスの一覧を表示します。

$ chkconfig --list
ajaxterm        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
cgconfig        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
cgred           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
crond           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
docker          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
dovecot         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
htcacheclean    0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
httpd           0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:off   6:off

ランレベル

--listを省略してchkconfigのみでも同じ一覧が表示されます。

–type

typeはsysv又はxinetdのみ指定できます。

$ chkconfig --list --type xinetd

xinetd based services:
        finger:         off
        ntalk:          off
        rsync:          off
        talk:           off

使う機会は少ないかも。

–add

サービスの追加。

$ sudo chkconfig --add nginx

–del

サービスの除外。

$ sudo chkconfig --del nginx

–override

<よくわかりませんでした>

–level

ランレベルの設定。

$ sudo chkconfig --level 35 nginx on

nginxサービスをランレベル3と5に設定

ランレベル

level 説明
0 シャットダウン
1 シングルユーザモード
2 ネットワーク無しのマルチユーザモード
3 通常のマルチユーザモード
4 未使用
5 グラフィカルログインによるマルチユーザモード
6 システムの再起動
Index
広告