裏紙に書く程度の内容

大人の鉛筆ってのがあるらしい

ついさっきテレビで”大人の鉛筆”とやらが紹介されていて、ほしくなったので口コミとか調べてみた。

大人の鉛筆とは

北星鉛筆が製造・販売している筆記具らしい。

シャープペンシルと同じで、ノックすると芯が出てくる。ただし、その芯が鉛筆のもの。
ゆえに書き味も鉛筆そのもの。

線の濃さ・太さも筆圧の強弱により自由に書き分けることができるんだとか。

そして何よりシンプルなデザインがカッコよろしい。

特徴

折れにくい

普通のシャーペンとは違い、芯が太いため力を加えても折れにくい。
滑らかな書き味は鉛筆そのものだとか。

木軸を採用

ボディ部はものほんの木でできている。温かみのあるデザインがイイですね。
そのシンプルなデザインはまさに大人を漂わせる。

バランス

重心をわずかに先端に近づけているため、長時間使っていてもにも疲れにくいんだとか。
正直、そんなに長時間ものを書く機会はないため、ぶっちゃけどうでもいいが。

実際の使用感・口コミ

口コミを一部抜粋します。

少し重たい鉛筆

金属が入っている分、普通の鉛筆より重いのですが、書く時に若干の重さを感じる程度だと思います。
シャーペンと比べると芯が折れにくいのでポキポキ折り過ぎて替え芯の心配をすることもありません。また、書いた線がやわらかいので、字だけではなく、ちょっと絵を描くにも素人ならこれで良いのではと思っています。

絵をかくひと?のレビューでしょうか。使いやすいってことでしょう。

鉛筆のにおいがする

木の匂い、鉛筆の書き味が好きな方は是非。

本当に書きやすくてとにかく気に入っています。
デザインもシンプルで、木のぬくもりが伝わってきます。
絶対気に入りますよ、おススメします!

匂いですと!!!?

プレゼントにも最適

職場で転勤していなくなってしまう部下や同僚にこれを贈っています。

アナログ文具の代表格である鉛筆を、いい歳になってからいざ持つと懐かしさがあるようで、おおむね好評です。

値段がとても手頃で、贈られた相手も必要以上に恐縮しないので、今後も同じような用途で気軽に贈りたいと思います。自分用にも他人用にもおすすめの商品です。

あー、これはすごくいいレビュー。喜ばれるってことは自分で買ってもよかったって思えるよね?

マイナスの評価

続いてみんな気になるマイナス評価口コミ。

  • 軸が長すぎるor短すぎる
  • 継ぎ目の段差が痛い

1つ目の軸の長さについて。
長い&短いどちらの意見もあるってのはもう好みの問題。参考にはなりませんね。

2つ目、継ぎ目の段差が痛い。
これ、ほんとだったら大問題でしょう。

しかし、おおむね好評価なことを考慮するとこれも個人差のレベルかもしれません。握り方おかしいとか。
もしくは、当たり外れがあるのかも?

色鉛筆もある

その他ラインナップ。色鉛筆・当然ですが替え芯もあるようです。

ちょっと文房具屋行ってくる。

Index
広告